UDハイヤーの魅力

近年、日本国内における「UDタクシー」「UDハイヤー」なるものの台数が増えつつあり、多くの人たちから注目されているようです。UDというのは「ユニバーサルデザイン」の略称で、障害の有無に関係なく、誰もが快適に利用できるアイテムの意味になります。UDハイヤーは、お年寄りや障害がある方、子供の移動にベビーカーを使用している方であっても、安心、かつ無理することなく乗車できる車を指しています。

例えば、通常の車種と比べて若干ステップが低くなっていたり、リフトやスロープなど、車椅子のままでも乗れるようになっていたりします。車椅子だとどうしても移動に制限が出てきますが、リフトやスロープが装備されていれば乗車の際に転倒してしまう危険性を回避できます。このように、一般的な車両とは違う特殊な機能があり、それが特徴でもあります。

ただし、そのように充実した車両となると、気になるのが利用料金です。バリアフリーだからこそ料金も割高なるのでは、と思われがちです。ハイヤーは貸切の時間制料金なので、場合によっては通常の送迎者よりも割高になることはありますが、ユニバーサルデザインだからといって利用料金がそれよりも極端に高くなることはありません。一般的なハイヤーとあまり変わらない料金での利用が可能です。

日本国内で見てみると、以前と比べてUDサービスはかなり拡充されてきてはいます。しかしながら、全体的な社会的ニーズと比べると、まだまだ足りないのが現状でしょう。利用者のニーズの高まりに合わせ、今後はよりサービスを充実させていかなければいけません。これが日本全体における課題とも言えます。実際にUDサービスが少ないので利用を控えている、という方もいるかもしれませんが、サービス供給が少ないからこそより積極的に用いることも大切ですし、それがサービスの拡充に繋がってくることになります。そのような心掛けが増えないと、いつまで経ってもUDサービスが地域に根づくことはありません。

都市部ではなく地方など、地域によってはUDサービスがまだ知られていないところもあるかもしれませんので、機会があれば一度UDハイヤーを利用してみるといいでしょう。なお、国土交通省自動車局旅客課長より、全国ハイヤーやタクシー連合会に対して、UDのタクシーやハイヤーに関して、適切にサービスが行われるように通達が出されています。このため、UDハイヤーの今後の活躍に期待が持てます。