ハイヤーにはどんな使い方があるのか

ハイヤーは、基本的には営業所や車庫を拠点にしながら、予約したお客様のもとへ配車します。これに対してタクシーは、飛び込みや流しの営業のほか、専用乗り場や無線予約での配車が一般的です。

ハイヤーのサービス内容は幅広く多岐にわたり、例えば専属送迎サービスもその1つです。企業が社用車や役員車として長期間契約し、そこで区間や時間に拘束されることなく、企業の要望のまま自由自在な移動を確保するものです。ドライバーの選定についても、企業側の面接を通じてニーズに合った人材を選ぶことが可能です。契約後はグレードの高い車両と、運転の経験やスキルが豊富な熟練のドライバーが配属され、ホスピタリティに優れたサービスを提供します。このようなハイヤーでは、車内で企業やプライベートな情報にふれやすいのが通常ですから、ハイヤーのドライバーは一定以上のキャリアと、徹底した守秘義務が課せられているケースがほとんどです。

仕事での接待や友人との趣味でゴルフを楽しむ方も少なくありません。このようなケースでもハイヤーが役に立ちます。もちろん配車は早朝の集合でも利用ができます。丸一日の貸し切りによって、プレー後の解散までしっかり送迎してもらうことも可能です。ゴルフ場までの運行ルートは、プロのドライバーに要望を伝えると、最適な道順で行ってもらえるでしょう。また、途中でゴルフ練習場や飲食店へ立ち寄る場合も、柔軟な対応をしてくれるので快適です。

観光地めぐりでハイヤを利用するのもいいでしょう。大切な友人や知人との観光だけでなく、仕事や出張で取引先の方をおもてなしする場合でも、この観光ハイヤーが大いに活躍します。ハイヤーのドライバーは普段からVIPクラスの送迎をメインにキャリアを積み重ねてきており、経験とスキルに優れているため、安心です。あらかじめ決められたコースや時間を選ぶタイプが一般的ですが、時間内でお好みのコースをカスタマイズできる観光ハイヤーもあります。短時間なら車窓観光で、時間に余裕があれば、複数の観光スポットをじっくり楽しむなど、自分のニーズに合ったメニューの使い分けが可能です。

ハイヤーの車両は4名乗車が可能なセダンタイプから、9名乗車できるワンボックスタイプまで、幅広く揃っているところが多く、グループの人数に合わせて選ぶと、ゆとりのある車内空間で観光を楽しむことができます。長時間の移動であっても、車内ではストレスなく過ごすことが可能です。もちろん観光地の知識も豊富なので、観光案内やルートの設定も安心して委ねることができるでしょう。